肌を守って、海も守ろう

Jan. 29 2022

夏の日差しには不可欠な日焼け止め。
でも肌を守る成分が、実は海を痛めてしまっているのです。

 

世界中で年間14,000トンの日焼け止めが海に侵入しています。
日焼け止めの化学物質はウイルスの繁殖を促し、サンゴの繁殖と成長のサイクルを妨げ、白化や死を招きます。


 

Raw Elementの全身用日焼け止めは、生分解可能でサンゴ礁にも安心。
他にもオーガニック成分でできた日焼け止めが増えているので、
ぜひ買うときは成分をチェックしてみては。

 

ハワイでは2021年からオキシベンゾンとオクチノキセートなどの化学物質が含
まれている日焼け止めの販売を禁じる法律が施行されています。
日焼け止めの選び方ひとつで、海を守ることができる。知ってると知らないとでは大違いですね。

Inspiration for co-being

SHARE

  • Twitter
  • Facebook

Our SDGs

自社のSDGs活動を世の中へ伝えることの意義や、世界中のSDGsの事例を紹介します

View More

SDGs

SERVICE

世界のGood Actionを
Good Storyにする

私たちは企業の持続可能な未来に向けた取り組みを、
Wunderman Thompsonオリジナルの
メソッドでストーリー化。
見る人の心を動かすコンテンツを提供します

Let’s talk