新・地産地消 -VEGI ECONOMY-

Jan. 29 2022

既存の中央流通を使わずに、野菜が新鮮な距離の中で生産者と
消費者をつなぐ新しい仕組みが増えています。

 

「竹下屋」は神戸に拠点をおく八百屋さん。店主自ら産地訪問したこだわりの野菜を、
環境負荷をできるだけ小さくしながら地元消費者に届けています。
Photo by : 八百屋のタケシタ

 

「農業を経済的に持続可能かつやりがいのある生業に育てる」高い
志を持つ店主は25歳という驚き!
Photo by : 八百屋のタケシタ

 

「やさいバス」は、集出荷場をバス停に見立て、野菜を積んだ冷蔵車が巡回することで、
生産者と消費者をダイレクトで結ぶサービス。静岡県を中心に運行中。
Photo by :やさいバス


 

アプリを通して、生産者と消費者が直接コミュニケーションを
取れるのも人気の秘密です。
Photo by :やさいバス

 

地産地消という古き良き文化がアプリやソーシャルの力で新しい形になり、
より良いものを求める消費者の中で根づき始めています。

 

Inspiration for co-being

SHARE

  • Twitter
  • Facebook

Our SDGs

自社のSDGs活動を世の中へ伝えることの意義や、世界中のSDGsの事例を紹介します

View More

SDGs

SERVICE

世界のGood Actionを
Good Storyにする

私たちは企業の持続可能な未来に向けた取り組みを、
Wunderman Thompsonオリジナルの
メソッドでストーリー化。
見る人の心を動かすコンテンツを提供します

Let’s talk