Web_1

Sun care, Sea care

肌を守って、海も守ろう

Line

Sunscreen is essential in the summer sun.
But the ingredients that protect your skin are actually harming the ocean.

夏の日差しには不可欠な日焼け止め。
でも肌を守る成分が、実は海を痛めてしまっているのです。

Every year, 14,000 tons of sunscreen is deposited into our oceans.
The chemicals in sunscreen cause viruses to grow and interfere with the reproduction and growth cycle of coral which ultimately leads to bleaching and death.

世界中で年間14,000トンの日焼け止めが海に侵入しています。
日焼け止めの化学物質はウイルスの繁殖を促し、サンゴの繁殖と成長のサイクルを妨げ、白化や死を招きます。

Raw Element’s full body sunscreen is biodegradable and  safe for coral reefs
More and more sunscreen is being made with organic ingredients, so be sure to check the ingredients before you make your next purchase.

Raw Elementの全身用日焼け止めは、生分解可能でサンゴ礁にも安心。
他にもオーガニック成分でできた日焼け止めが増えているので、ぜひ買うときは成分をチェックしてみては。

In Hawaii, a law has been in effect since 2021 that prohibits the sale of sunscreen that contains chemicals such as oxybenzone and octinoxate.
Knowing how to choose your sunscreen can make a big difference and help protect the ocean.

ハワイでは2021年からオキシベンゾンとオクチノキセートなどの化学物質が含まれている日焼け止めの販売を禁じる法律が施行されています。
日焼け止めの選び方ひとつで、海を守ることができる。知ってると知らないとでは大違いですね。

おすすめ記事