01

THE POWER OF MUSHROOMS

キノコのチカラ

Line

Mushrooms: when eaten, they are tasty and nutritious, but did you know that they also contribute to ecological cycles as decomposers of the forest?
Recently, however, a whole new kind of mushroom is attracting attention.

食べては美味しくて栄養満点。森の分解者として生態系の循環に貢献している。でも今、それだけではない全く新しいキノコのパワーに注目が集まっています。

The body of mushrooms is made up of “mycelium” that spreads like a web through the ground.
When this mycelium is planted in wood chips in a mold, the fungus grows and forms a block that is surprisingly harder and lighter than concrete.

キノコの本体は、実は地中を網の目のように広がる「菌糸体」。
この菌糸体を、型に入った木くずに植えつけると、菌が繁殖してブロックを形成する。
このキノコブロックは、コンクリートよりも硬く軽量だというから驚き。

Not only is there no environmental impact during the manufacturing process, but it is also 100% biodegradable.
The mushroom block tower built in 2014 was dismantled into pieces with some parts being recycled at a local farm.
Mushrooms may be the solution to the waste problem in the construction and building industry in the future.

製造時に環境負荷がないだけでなく、自然環境で100%分解が可能。
2014年に建てられたキノコブロックタワーは、バラバラに解体されて地元の農園の一部に戻ったとのこと。
これから建物の廃棄物問題もキノコが解決するかも。

The power of mushrooms is also transforming the fashion industry.
Adidas released a concept model for its iconic Stan Smith sneaker using a new material called Mylo, which is made from mycelium.
AS A BRAND, WE [WILL] CONTINUE TO EXPLORE THE POSSIBILITIES IN MATERIAL INNOVATION.

キノコパワーはファッション業界も変えていきます。
アディダスは菌糸体から作られるMyloという新素材を使った、ブランドの顔であるスタンスミスのコンセプトモデルを発表しました。
「これからもブランドとして素材のイノベーションの可能性を追求していく」

adidas

In the 20th century, which is also known as “the age of physics”, we saw how the advancement of science / engineering enriched our lives whilst also creating problems pollution and waste.Entering the  21st century, or “the age of biology”, gives us hope that sustainable inventions using the power of life will enrich both our lives and the global environment.

20世紀「物理学の時代」では科学・工学の発展によって生活が豊かになると共に汚染や廃棄物の問題も生まれました。
21世紀は「生物学」の時代とも言われています。
生命の持つ豊かな力を使った持続可能な発明が私たちの生活も地球環境も豊かにすることを願います。

おすすめ記事