the 3rd avenue

Carbon credit

#brand

想像して欲しい。すべての購買が、一人ひとりのカーボンフットプリント*点数に影響する世界を。

Imagine a world where every transaction impacts on an individual’s carbon footprint score.

*注:炭素の足跡、個人や団体、企業などが生活・活動していく上で排出される二酸化炭素などの温室効果ガスの出所を調べて把握することを指す

それが現実になるのも遠い先のことではない。消費者の意識を高め、持続可能性を重視する考え方を行動に移すための新しいシステムが使われ始めているからだ。

消費者は、より持続可能で地球を傷つけない生き方をしたいと言う。だがその願望を行動に移すのは難しい。たとえば、Wunderman Thompsonの報告書『New Sustainability: Regeneration』で紹介したSONARTM による調査によれば、米国と英国の消費者の89%は家庭ごみをリサイクルすると言うものの、いつも必ずそうしている人は52%だし、85%の人は使い捨てのプラスティック製品を避けると言いながら、あらゆる機会にそうしている人は20%にすぎない。だが今、企業や政府は、消費者に正しい行動を促すツールを開発しつつある。

That vision is not too far off, as new systems are being implemented to heighten consumer awareness and shift a sustainable mindset to one that is actionable.

Consumers say they want to live more sustainably and do less harm to the planet. But acting on that desire can be difficult. For instance, 89% of US and UK consumers say they recycle at home yet only 52% always do so, and 85% say they avoid single-use plastics but only 20% do so on every occasion, according to SONAR™ research in Wunderman Thompson’s “New Sustainability: Regeneration” report. Now businesses and governments are coming up with tools to nudge consumers to do the right thing.

2019年の春、スウェーデンのフィンテック企業Doconomyは、利用者が、利用金額の上限ではなくカーボンフットプリントの上限に達すると買い物できなくなるという強引なクレジットカードを発行した。このDo Blackというクレジットカードは、一つひとつの購入で生じるカーボンフットプリントを記録し、その月の上限に達すると機能しなくなる。上限値の計算は、国連による2030年までの温室効果ガス排出量の削減目標に基づいており、先進国の国民一人あたりが現在排出している二酸化炭素の約半分の量だ。

Doconomyはまた、ユーザーが開発途上国の温暖化防止に役立つプロジェクトのユニットを購入することにより、利用できるクレジットを追加する方法も提供している。ただしこれは「もっと消費するための無節制な行動」であってはならない、とウェブサイトは言う。Doconomyは自分たちを「日常的に地球温暖化に立ち向かうための、世界初のモバイル・バンキング・サービス」と呼び、カーボンフットプリントを計測するだけで利用制限は課さないDo Whiteというクレジットカードも
提供している。

In spring 2019 Swedish fintech company Doconomy introduced a no-nonsense credit card that cuts off spending when you reach a carbon limit, rather than a financial limit. The Do Black credit card tracks the carbon footprint of each purchase and stops working when a user is deemed to have hit their monthly limit. Calculations for the limit are based on the United Nations’ 2030 carbon reduction target, and the amount of a user’s limit is roughly half of the per capita carbon dioxide currently emitted by citizens of developed countries.

Doconomy also offers a way for users to purchase additional credit by buying units in climate-friendly projects in developing countries. But this “should not be used as an indulgence for further consumption,” its website says. The startup, which bills itself as the “world’s first mobile banking service for everyday climate action,” also offers a Do White credit card that simply tracks a user’s carbon footprint without imposing a carbon limit.

自治体もまた持続可能性を促進しようとしている。フィンランドのヘルシンキは、Think Sustainablyというプラットフォームを2019年半ばに立ち上げ、住民、観光客、事業主等に、日常の行動を見直し、より環境に優しい選択をするためのツールを提供している。Demos Helsinkiというシンクタンクが作ったこのプラットフォームは、地元のレストラン、ギャラリー、観光名所などを、温室効果ガスの排出量を含む基準に則って評価する。廃棄物の管理、生物多様性の保護、バリアフリー環境、雇用の平等性や差別の防止も考慮される。

持続可能性の推進のために重要な行動を起こしている自治体は他にもある。デンマークのコペンハーゲンでは、2025年までにカーボンニュートラルな都市にすることを計画している。以前は工業地帯だったノードヘブンは、学校や店などすべてが徒歩5分圏内にあり、車の運転が推奨されない「ファイブミニッツ・シティ(5分シティ)」に変貌しようとしている。ノルウェーのオスロは2050年までにカーボンニュートラルになることを目指しているし、スウェーデンのストックホルムは2040年までに化石燃料の使用をやめるつもりである。

Governments are also facilitating sustainability. Helsinki, Finland, launched the Think Sustainably platform in mid 2019 to give residents, visitors and business owners tools to assess their daily behavior and make greener choices. From a think tank called Demos Helsinki, the platform rates local restaurants, galleries and attractions according to criteria including their greenhouse emissions. It also takes into account waste management, protecting biodiversity, accessibility and employment and preventing discrimination.

Other cities that are taking significant action on sustainability include Copenhagen, Denmark, where planners envision a city that is carbon neutral by 2025. The former industrial neighborhood of Nordhavn is being transformed into a “five-minute city” in which getting anywhere—to school or shops, for example—should be no more than a five-minute walk, to discourage driving. Oslo, Norway, is aiming to become carbon neutral by 2050 and Stockholm, Sweden, intends to be fossil-fuel free by 2040.

なぜ興味深いのか / Why it’s interesting

Line

Wunderman Thompson のリサーチツールSONARTMによれば、消費者の92%が今よりも持続可能な生き方をしようと努め、79%が、自分が地球に与えている影響を意識している。だが、それを行動に移すのは難しい課題だ。クレジットカードから自治体による持続可能性のガイドラインまで、こうした新しいツールは、環境に優しくしたいという意図を、実際に環境に優しい行動に転換することに役立つだろう。

According to SONAR™, Wunderman Thompson’s proprietary research tool, 92% of consumers are trying to live more sustainably and 79% are conscious of their personal impact on the planet. But knowing how to put this into action can be a challenge. These new tools—from credit cards to sustainable city guides—can be useful for turning green intentions into actual green behavior.

おすすめ記事