the 3rd avenue

Slow travel

#trend

マインドフルな旅行の流行とともに、旅行者は、目的地に向かって急ぐよりも、目的地に向かう過程をいかに楽しむかを重要視している。

A wave of mindful travel sees travelers luxuriating in the journey rather than rushing to their destination.

Line-1-2

メンタルヘルスを大事にするという現代の風潮の中、人々は、より時間のかかる移動の方法を、今この瞬間を楽しむチャンスとして歓迎している。目的のための手段にすぎなかった移動そのものを、目的地と同じくらい楽しむのである。さらには、飛行機や自動車による移動が環境に与える悪影響についての意識の高まりによって、列車による移動が世界的に見直されている。

気候温暖化に反対する活動家Greta Thunbergが飛行機による移動を拒否し、ヨーロッパ内の移動には列車しか使わないことは有名だ。「飛び恥」(飛行機に乗ることを恥とする)機運が高まるなか、流行を生み出す人々は世界中で、情緒たっぷりに演出した列車旅行を持ち上げようと懸命である。

Echoing modern mental-health mantras, travelers are embracing a longer journey as an opportunity to savor the moment. The journey, once simply a means to an end, is being relished as much as the final destination. And with growing awareness of the negative environmental impact of air and auto travel, train travel is experiencing a sweeping resurgence.

Climate activist Greta Thunberg famously renounces air travel, instead commuting around Europe exclusively by train. Now, as the flight-shaming movement gains momentum, global tastemakers are piping up in support of the romanticized train trip.

スーパーモデルEdie Campbellは、2019年秋のファッションウィークに参加する際、飛行機を使わず、ロンドンからミラノまで12時間かかる列車での移動を選んだ。2019年10月にElleに寄稿した記事の中でCampbellは、ファッション業界のカーボンフットプリントについて言及し、自身の移動経験については「天国だったわ…..快適な座席で優しく揺られながら、キラキラ光る湖や山道の横を走ったり、イタリアのおばあちゃんたちがブルマーを干しているのがちらっと見えたりするの」と書いている。

019年の10月から11月にかけて、モデルであり活動家であるAdwoa Aboahは、列車による移動の良いところをInstagramで褒めそやした。ベルモンド・ブリティッシュ・プルマンの車上で撮った一連の写真のキャプションには、「大好きなママとお洒落をして列車に乗るのが一番好きになっちゃった」とある。

Supermodel Edie Campbell opted for a 12-hour train trip from London to Milan for fashion week in fall 2019 instead of flying. In an October 2019 article she wrote for Elle addressing the fashion industry’s carbon footprint, Campbell described her trip as “heaven… I was gently rocked in my comfortable seat, while gliding past glittering lakes and mountain passes, and catching glimpses of Italian nonnas hanging out their bloomers.”

In October and November 2019, model and activist Adwoa Aboah took to Instagram to extoll the virtues of rail travel, captioning one carousel post of images taken on board the Belmond British Pullman, “To be chic on a train with my Mumma dearest is already my favorite thing.”

Embed from Getty Images

ファッション業界を代表するファッションブランドChanelは、Resort 2020というコレクションで、列車の旅の贅沢さを強調する。モデルに従来のランウェイを歩かせるのではなく、ボザール様式で再現された駅舎を舞台にしてコレクションを発表したのだ。ショーに続くマーケティングキャンペーンは、現代風の優雅な列車の旅に命を吹き込み「冒険への期待」を抱かせるのだ、とChanelは説明する。

「プライベートジェットを使ったり、高度1万2,000メートルでシャンペンを飲んだりすることが、多忙な勝ち組の贅沢旅行だ、と言われてきたけれど」とCampbellは書いている。そんな贅沢の定義はもう古い、と主張し、「贅沢というのは、時間をかけること、もっとゆっくり移動することなのよ」と宣言するのである。

Iconic fashion house Chanel emphasizes the luxury of train travel in its Resort 2020 collection. Rather than sending models down a traditional runway, the collection debuted against a recreated beaux arts-style train station. The marketing campaign that followed brought to life the elegance of the modern train journey, evoking “the promise of an adventure,” the brand explains.

“Luxury travel, so we are told, is life in the fast lane; private jets and champagne at 40,000 feet,” Campbell wrote. But this definition of luxury is outdated, she argued, instead declaring that “luxury is taking your time, and moving more slowly.”

なぜ興味深いのか / Why it’s interesting:

消費者が、日常生活のストレスから離れる機会を求め、自分を取り巻く世界をより深く味わおうとするなか、生活のペースをゆっくりにしてくれる列車の旅が、現代におけるラグジュアリー旅行の定義を書き替えている。 

Train travel, which harks back to a slower pace of life, is redefining modern luxury travel as consumers hunger for opportunities to step back from the stressors of daily life and engage more deeply with the world around them.

おすすめ記事